ミセスワタナベの正体とは?8億円稼いだ手法を徹底分析

FXトレンドニュース
ミセスワタナベと聞いてもFXをやっていない人だと聞いたことがない人がほとんどだと思います。
ミセスワタナべとはFXの手法で個人の小口投資家全体を指す俗称です。
どのようにしてこのような名前が付けられたかは次の見出しで説明させていただきます。
FXのトレード手法とは?初心者でもわかりやすいトレードスタイルや分析方法を解説
ミセスワタナベって誰?
ミセスワタナベが最初に紹介されたのは1997年3月にイギリスのエコノミストという経済紙で、日本で話題になったのは2006年頃でした。
ミセスワタナベは人名なので、個人を指すものと思いがちですが、日本人の個人投資家の総称を言います。
しかし、その中でもミセスワタナベの代表格と言われる方がいてそれが池辺雪子さんです。
池辺雪子さんは短期間で4億もの大金を稼ぎ、1億3000万の脱税容疑で起訴されたことで世間にミセスワタナベの名を有名にした方です。
元はただの主婦に過ぎなかった池辺さんが4億も稼いだ手法はどのようなものなのでしょうか?
ミセスワタナベの手法
短期RSI・長期RSIを使ったエントリー
まずは短期RSIと長期RSIを使ったエントリーです。
この2つを表示させて短期は13日、長期は42日の2本を表示します。
そして、この2つの幅が20以上開いたときにエントリーするという比較的分かりやすい手法となっています。
注意点を上げるならば、今は2000年代と現代では相場環境が大きく異なっており、2本のRSIが20以上乖離することは滅多にありません。
よって現代のトレードでは15程度の乖離でエントリーするのが効果的でしょう。
FXの的確なエントリーポイントとは?勝てるエントリータイミングをわかりやすく解説
円売りドル買い・ドル売り円買い
ミセスワタナベのポジションはほとんど円売りドル買いかドル売り円買いでした。
基本的にクロス円中心で高金利の通

リンク元

Copied title and URL