【初心者にもおすすめ】スプレッドが小さい仮想通貨取引所4選【ビットコイン投資】

最新ニュース
2020年以降に仮想通貨(暗号資産)市場が急成長する中、国内取引所の口座開設数は急激に増加しました。FX(外国為替証拠金取引)の経験がある方もいれば、中には投資自体が初めての方も多くいるでしょう。
仮想通貨は値動きの幅が大きく、リスク管理の面でとても難しいものです。資産取引の基本を理解しないまま取引を行うと痛い目にあう恐れがあります。気づかないうちに手数料に多くのコストがかかっているかもしれません。
特に「スプレッド」は仮想通貨投資において最終的な損益に影響を与えるにもかかわらず、初心者が気付きにくいものです。この記事では仮想通貨取引の「スプレッド」について解説します。
目次
仮想通貨取引のスプレッド
販売所と取引所の違い
各事業者のスプレッドを比べてみる
スプレッドの小さいおすすめの仮想通貨取引所4選
4-1. 合計取引量で国内No.1のビットバンク
4-2. 主要なアルトコインの板取引が可能な「GMOコイン」
4-3. ビットコイン取引量で5年連続国内No.1の「ビットフライヤー」
4-4. 170か国で数千万ユーザーにサービスを提供するHuobi
まとめ
①仮想通貨取引のスプレッド
仮想通貨で言うスプレッドは「買いのレート(ASK)」と「売りのレート(BID)」の価格差のことを指します。例えば、販売所のあるタイミングの1BTCの買値が410万円、売値が400万円の場合、スプレッドは10万円です。この10万円は、実質的に手数料となっています。
それではビットフライヤーの販売所を例に、実際の価格表示画面を見てましょう。まず、こちらは市場価格です。
次に、下記がユーザーがビットコインを購入する場合のレートです。そして以下は、ユーザーがビットコインを売る場合のレートです。
これらは同じ時間のレートなのですが、それぞれ価格が異なることがわかるでしょう。ビットコインの買値と

リンク元

Copied title and URL