ChainSwapで20を超えるプロジェクトのトークンがハッキング被害に

仮想通貨
ChainSwap がハッキング被害
クロスチェーンアセットブリッジであるChainSwap(チェーンスワップ/ASAP)がハッキング攻撃に遭い、攻撃によって数百万のDeFi(分散型金融)トークンを失ったことが明らかになった。
ハッキングは、7月10日(土曜日)(東部標準時午後4時=日本時間の18:00)に、ハッカーがChainSwapスマートコントラクトを攻撃して悪用し、ChainSwapで20を超えるプロジェクトのトークンがハッキングされた。
All holders and LPs pre-hack have been snapshotted. We will airdrop 1:1 new $ASAP tokens pre-hack, this includes $ASAP holders on exchanges. Liquidity will be re-added.
Please do not buy the currently traded $ASAP
A compensation plan will be put into action for affected tokens
— ChainSwap ($ASAP) (@chain_swap) July 10, 2021
これに対してChainSwapは、10日午後9時30分(日本時間の11日11:30)に流動性が一時的に引き下げられており、エクスプロイトを調査している間ASAPを購入しないようアナウンス。
CoinMarketCapより画像引用
今回の攻撃により、ChainSwapのネイティブトークンであるASAPは、24%ほど価格を下げ、CoinMarketCapの調べによると、7月13日11時時点のASAP価格は、1ASAP=21円(0.19ドル)前後で推移しており、前日同時刻比-3.67%、1週

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL