警告続くBinance、CEOのCZ氏が規制に関して言及

最新ニュース
BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏(CZ)が7月7日に、Binanceのブログでユーザーの利益保護や規制当局との関係に関して言及した。
まずユーザーの利益保護に関して、Binanceは常にユーザーの利益を最優先してきたと主張し、厳格なインサイダー取引ポリシーなどBinanceプラットフォームの使用条件を追加し、業界標準を設定したと述べている。またBinance上のチュートリアルやBinance Academyを通して、業界の初期からユーザー教育にも力を入れてきたという。
さらに米国内国歳入庁(IRS)や英国南東部地域組織犯罪ユニットの法務執行機関と協力して、マネーロンダリングやテロ資金供与対策(AML/CFT)、詐欺などのサイバー犯罪を取り締まっているとのことだ。2021年は現時点までに、2020年よりも100%多い5,600件の調査支援を完了している。最近では、ダークウェブの運営やサイバー攻撃により獲得した5億ドルをロンダリングしていたサイバー犯罪組織の壊滅を支援したという。
次に、規制当局との関係について改めてパートナーシップを表明したいと述べており、これまでの実績として国際コンプライアンスチームへの規制当局関係者の採用を挙げている。また、金融活動作業部会(FATF)の元事務局長Rick McDonell氏とFATFのカナダ支部元代表Josée Nadeau氏をコンプライアンスと規制のアドバイザーへ任命した。さらに米モンタナ州で上院議員を務めていたMax Baucus氏や中国駐在の米国大使をチームへ迎えている。
コンプライアンスパートナーシップの拡大も行っており、新しい技術の実装をデータ分析企業のCipherTraceなどと協力して取り組んでいる。また、AML/CFT監査を複数クリアしていることや、国連薬物犯罪事務所(UNODC)および国際刑事警

リンク元

Copied title and URL