経済は引き続き改善も米国はすでに成長ピーク入りか、ナティクシスIMの7月マクロ経済・市場見通し

最新ニュース
ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ(ナティクシスIM)株式会社は7月12日、グローバル・マーケット・ストラテジー部門責任者エスティ・ドウェク氏による7月マクロ経済・市場見通しの日本語訳を公開した。経済再開の見通しは引き続き改善しているが、米国と中国ではすでに成長はピーク入りしている可能性があり、また、債券利回りは5月にピーク入りしているとして、これがインフレ懸念後退を示唆するという見方だ。
各国で経済活動が再開し、経済指標は好調を維持している。6月の米雇用統計では、非農業部門の就業者数は85万人(市場予測70万人)と、昨年8月以来で最多の伸び。また、6月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)は速報値で59.2と、2006年以来の高水準となった。米国や中国では経済成長がピーク入りした可能性を示唆する兆候も確認されているが、今後も堅調なペースで成長が続くものと思われる。実際、前月のPMI調査では、世界の主要経済諸国で若干の低下が見られている。一方、欧州の経済指標は、米国や英国に遅れているが改善を続けており、第3四半期にはピーク入りすると予想される。
アメリカでは、インフレ期待は、投資家が連邦準備制度理事会(FRB)による「一過性」のシナリオに傾いていることから、後退している。インフレの上昇傾向の大半は、サプライチェーンのボトルネックが要因で、21年下半期には徐々に改善すると予想されている。この方向性は米国の直近の雇用統計でも示されており、賃金が大幅に上昇したのは、最も賃金の低いレジャー&ホスピタリティ部門だけだった。また、パウエル議長の包括的な回復を評価するために用いられた指標は、停滞の兆しを見せている。例えば、大卒資格を持たないアメリカ人の労働参加率や、アフリカ系アメリカ人の失業率は6月に悪化した。
バイデン大統領は、一部の共和党上院議員との間で、6000億米ドル

リンク元

Copied title and URL