英国初のグリーン国債、フレームワークとチェックすべき3つの”C”とは。シュローダー

最新ニュース
地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど、環境分野への取り組みに特化した資金を調達するために発行されるグリーン国債。積極的にグリーン政策を進める英国は、COP26の開催(2021年11月)を前に、9月に初のグリーン国債(グリーンギルト)を発行する。シュローダーはレポート「シュローダー・イン・フォーカス」(日本語版7月16日公表)英国のサステナブル・ファイナンス推進計画においてグリーン国債の発行がどのような役割を果たすのかを検証し、成功における重要な要素である「3つの”C”」に照らし合わせ解説している。
英国政府はグリーンでサステナブル(持続的)な経済へ向け取り組みを進めている。19年には主要国で最初に2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロ達成(ネット・ゼロ)にコミットした法案を可決。その後「グリーン産業革命」を推し進めるための新政策「10ポイントプラン」を発表した。これは洋上風力容量の拡大、電気自動車製造および充電インフラの推進、ゼロエミッションの航空機・グリーンな船舶に向けた技術開発支援など10項目に対して120億英ポンドを投じ、25万人の雇用創出・支援を図るための政策だ。また、2030年までの温室効果ガス68%削減(1990年の水準から)という目標に対する取り組みをリードする。
しかし、欧州地域ではドイツ、フランス、イタリアも既にグリーンボンドを発行しており、英国は「インパクト投資家が背中を押してくれるのを待っている状態」だった。社債についても同様で、英国の年金基金等の投資家はポートフォリオにおけるグリーン認証を深めたいという要望を強める一方で、ユーロ建てなど、他の通貨建てのグリーンボンド市場が急速な成長を遂げる中、英ポンド建てのグリーンボンドは遅れを取っていた。
グリーンギルトは、サステナブル・ファイナンス推進計画の一部であり、この計画の目的は英国のネット・ゼロ達成

リンク元

Copied title and URL