不動産の生前贈与と相続、どちらが良い?相続税と贈与税を比較

最新ニュース
相続予定の不動産を贈与した場合、相続税ではなく贈与税という税金が課税されます。相続予定の不動産を相続するか、生前贈与するかどちらを選ぶべきか検討している方も多いのではないでしょうか。
今回は、相続予定の不動産を相続する場合と生前贈与する場合を比較し、それぞれの税制メリットについて解説します。
目次
生前贈与の2つの特徴
1-1.生前贈与では「暦年贈与」が利用できる
1-2.生前贈与は贈与したい人に資産を渡すことが可能
相続の2つの特徴
2-1.相続は基礎控除額が大きい
2-2.税率が贈与よりも低い
状況に応じて選択することが重要
まとめ
1.生前贈与の2つの特徴
生前贈与とは、両親や祖父母が亡くなる前に有している財産を譲渡することです。生前贈与の特徴として以下の2つが挙げられます。
110万円までは非課税
贈与したい人に渡すことが可能
それぞれ詳しく見ていきましょう。
1-1.生前贈与では「暦年贈与」が利用できる
生前贈与では、暦年贈与という贈与方法を選択することが可能です。暦年贈与とは、1年の贈与のうち110万円までは贈与税を控除できるという制度を利用して、非課税で子や孫に財産を譲渡する方法です。
しかし、実物資産である不動産を暦年贈与の控除分だけ生前贈与することはややハードルが高いと言えます。例えば、1,000万円の不動産を「110万円分だけ贈与する(名義変更する)」ということは現実的な手段とはなりません。不動産の評価額によっては多額の贈与税が加算されてしまう可能性がある点に注意が必要となります。
暦年贈与を利用するのであれば、不動産を売却して分割しやすい現金に換えておくことも検討してみると良いでしょう。現金であれば、110万円の控除分だけ贈与を行うことが容易となります。
【関連記事】親の家を代理で売却する方法は?手続きの手順や注意点を解説
ただし、不動産は相続

リンク元

Copied title and URL