Enjinが国連協定のメンバーとして持続可能性と平等を促進のためにNFTの使用を計画

仮想通貨
Enjinが国連協定のメンバーとしてNFTの使用を計画
NFTブロックチェーンプラットフォームであるEnjin(エンジン)は、国連協定のメンバーとして持続可能性と平等を促進するためにNFTを使用することを計画していることが明らかになった。
Enjinは、2030年までにカーボンニュートラルなNFT実現計画を明らかにしており、JumpNetブロックチェーンはすでにカーボンネガティブであると主張している。Enjinは国連協定の一環として、持続可能性と平等を促進するため、NFTを使用する方法を模索すると発表しており、この技術を使用して炭素回収企業に採用し、世界中のクリエイターがNFT市場に許可なくアクセスできるようにすることで、世界の富の格差を縮小し、気候変動と戦うことを提案している。
これによりEnjinは、人権、労使関係、腐敗防止、環境保護をカバーするUNGCの10原則に則り、さらに別のマイルストーンを追加し、UNGC(国連グローバルコンパクト)に受け入れられた初のNFT企業になった。国連地域間犯罪司法研究所(Irakli)のAIおよびロボティクスセンターの責任者であるイラクリ・ベリーゼ(Irakli Beridze)氏は次のように語っている。
ブロックチェーンとNFTが国連の持続可能な開発目標の達成にどのように貢献できるかを探求するためにEnjinと協力できることを嬉しく思います。これまで以上に、これらの新しいテクノロジーの可能性を活用して活用し、地球をより住みやすく、すべての人にとって公平な場所にするために、将来、より良い設備と団結を確保する必要があります。
一方、Enjinのマキシム・ブラゴフ(Maxim Blagov)CEO(最高経営責任者)も次のように語っている。
Enjinでは、NFTを使用してより良い未来を創造するために、持続可能なエコシステムを開発していま

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL