【2021年】FTSE100の今後の推移予想はどう?過去の推移とイギリス経済の動き・長期の見通しを解説

FXトレンドニュース
FTSE100指数はロンドン証券取引所における、イギリスの代表的な株価指数です。
ヨーロッパ経済を占う上でも重要な指数で、DAX(ドイツ)、CAC40(フランス)と並んで注目度の高い株価指数となっています。
FXのポンド円で取引をしている方にとっては重要な経済指標の一つであり、注目する必要があります。
今回は FTSE100指数の概要から見通し予測まで詳しく解説していきます。
FTSE100の特徴
FTSE100はイギリスのフィナンシャル・タイムズ社とロンドン証券取引所グループの合弁会社「FTSE」が好評している株価指数です。
ロンドン証券取引所に上場されている銘柄の中から時価総額の高い100社を対象算出されます。
FTSE100は時価総額荷重型指数を採用しており、組入銘柄の時価総額合計を基準となる時点の時価総額合計で割って算出します。
※1983年12月31日時点の株価を基準値(1000pt)とする
FTSE100の構成銘柄だけでロンドン証券取引所の上場企業の時価総額の約80%を占めるほど強力なもので、イギリス経済の状況はほぼFTSE100に表されています。
FTSE100の構成銘柄
FTSE100は、世界的に有名なイギリスを代表する企業が多く揃っています。
BHPビリトン:世界最大の鉱業会社
BP:大手石油会社
バーバリー:世界的ファッションブランド
ボーダフォン:大手通信会社
アメリカの株価指数として有名なダウ指数やナスダック指数とは違った魅力があります。
FTSE は多数の関連指数を提供
FTSEはヨーロッパでもっとも影響力があると言われるFTSE100の他にも、以下のような指数を提供しています。
FTSE Eurotop100/300指数:ヨーロッパ市場を網羅
グローバル・インデックス(FTSE全世界指数):FTSE日本指数など、国ごとの指数を網羅
FTSE

リンク元

Copied title and URL