トランプ時代より対立が激化した米中関係、民主党内から疑問の声も – チャイナリスク! ~変質する中国、ここが危ない~

最新ニュース
米中関係の対立は、トランプ政権からバイデン政権に移行してから、テーマを地政学や通商問題から、人権や民主主義といった価値観にまで拡大し、深刻化している。トランプ前大統領への支持と反発をめぐって二極化する米国内で、唯一共通して支持されるのが対中強硬策であるため、バイデン政権の姿勢は今後もそう簡単に変わらないとみられるが、足元の民主党内部から慎重な見方が出ているのは見逃せない。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Copied title and URL