不動産投資ローンの融資を受けやすい「積算オーバー物件」とは?注意点も

最新ニュース
不動産物件を探しているときに、「積算オーバー物件」という言葉が目についた方もいるのではないでしょうか。この積算オーバー物件は融資を受けやすいのがメリットのひとつですが、反対に注意するべき点もあります。
そこで今回のコラムでは積算オーバー物件とはどのような物件なのか、また何に注意すべきなのか、詳しく解説していきます。
プロパティエージェントのウェブサイトを見る
目次
積算オーバー物件は融資を受けやすいのは本当か?
1-1.積算とは?
1-2.積算オーバー物件とは
積算オーバー物件の特徴
2-1.築古物件のケース
2-2.RC物件のケース
2-3.土地価格を安く算出するケース
積算オーバー物件を購入する際の注意点
3-1.融資が得られないケースもある
3-2.修繕費がかさむケースもある
3-3.土地価格は減価償却ができない
まとめ
1 積算オーバー物件は融資を受けやすいのは本当か?
1-1 積算とは?
積算とは正確には積算価格あるいは積算評価と言い、不動産の評価を表す計算方法のひとつとして広く用いられています。主に銀行などの金融機関が融資を行うときに、この積算価格を基準のひとつにしています。
積算価格を計算するときは下記の計算式を用います。
土地…公示地価または路線価×土地面積
建物…再調達価格×延床面積×(法定耐用年数-築年数)÷法定耐用年数
建物の場合は、土地と建物の価格をそれぞれに計算して足した価格ということになります。
再調達価格は物件と同じ条件の材料や設備などを新しく購入するための金額を指しており、積算価格を言い換えると、同じ物件を今改めて建て直すのに必要な価格と言えます。
【関連記事】路線価で不動産の査定価格を計算する手順は?具体例を5つ解説
1-2 積算オーバー物件とは
金融機関が融資判断の際に重視する項目のひとつは、融資したお金が回収できることです。もし

リンク元

Copied title and URL