低年金・無年金予備軍が「今から」できること

最新ニュース
「下流老人」という言葉が2015年に生まれてから、はや数年が経ちました。厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」によると、今に至るまで高齢世帯の貧困は進んでおり、2019年時点で約52%が「生活が苦しい」状況です。さらに、年金受給世帯のうち「収入は公的年金のみ」の48.4%を含め、「収入の6割以上を年金に頼っている」という世帯は全体の約75%にのぼります。「年金を払いたくない」という声が大きくなっても、やはり老後の頼りの大部分は公的年金だといえるのかもしれません。今回は、フィナンシャルプランナーとして1000世帯以上のお客様のフィナンシャル・プランニングに携わってきた経験をもとに、「低年金・無年金予備軍が今からできること」というテーマでお話ししていきます。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL