菅退陣に見る下克上ストーリーの限界、自民党が総裁選で生き返るには – 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

最新ニュース
菅義偉首相が、自民党総裁選に立候補しないと表明した。菅氏はこれまで「汚れ役」に徹することで、一代で首相にまで成り上がる「下克上ストーリー」を成し遂げたが、最期にはその限界を露呈してしまった。権力を行使し、これまでの安倍・菅「一強」体制を作り上げたが、それが逆に自民党を弱体化させてしまっている。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Copied title and URL