共働きか、片働きか。国民年金・厚生年金はいくら変わる?

最新ニュース
独立行政法人労働政策研究・研修機構の「早わかり グラフでみる長期労働統計」の「図12専業主婦世帯と共働き世帯」によると、2020年の共働き世帯は約1240万世帯、専業主婦世帯は約571万世帯。1980年には専業主婦世帯が約110万世帯、共働き世帯が約600万世帯でしたが、1990年代に反転し、今では共働き世帯が主流となっています。周囲を見ると子どもが小さい頃は専業主婦で、入園・入学をするとパートなどをはじめる女性が多いよう。一方で退職せずに育休をとって復帰したり、子どもが生まれてすぐにフリーランスで仕事を始めたりという方も増えており、女性の働き方もさまざまです。共働きか、片働きかで異なるのは、日々の生活や収入、貯蓄、将来の年金など。中でも今回は「年金」に視点をあてて、現段階の年金で共働き・片働きではいくら違うのか、その差をながめたいと思います。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL