Binanceは、規制の取り締まりに対応して、シンガポールドルでの製品提供を停止へ

仮想通貨
Binanceがシンガポールドルでの取引を停止へ
仮想通貨取引所Binanceは、現地の規制に従い、シンガポールドルを含むすべての取引活動を停止すると発表した。
9月10日(金曜日)から、取引プラットフォームでシンガポール人がSGD(シンガポールドル)支払いオプションを介した取引ができなくなり、シンガポールのiOSストアとGooglePlayストアから取引所のアプリが削除される。そのため、ユーザーは9月9日までにすべての関連するP2P取引を完了し、さらにすべての関連する広告を削除するようユーザーにアナウンスしている。
シンガポールドルでの取引を停止するという発表は、シンガポールの中央銀行であるMAS(シンガポール金融管理局)による通知の影響を受けているとされ、MASは最近、NEXTMONEYの特集記事「シンガポール規制当局がBinanceを未登録で警告リスト入り:投資家に警告へ」で報じたように、Binance.comの運営者であるBinanceが決済サービス法に違反している可能性があると指摘している。実際、Binanceは、過去数カ月にわたって多くの規制当局のウォッチリストに追加されており、英国、オランダ、タイ、マレーシア、日本、ドイツ、香港、リトアニア、南アフリカなどの規制当局は、Binanceが管轄区域で許可なく取引所を運営していたと主張し、規制されており、Binanceの責任者は次のようにコメントしている。
私たちの目的は、ブロックチェーンテクノロジーとデジタル資産を中心に持続可能なエコシステムを構築することです。Binanceは、業界の規制フレームワークの開発を歓迎します。これは、市場のプレーヤーが規制当局とより強力に協力する機会をもたらすためであり、すべてのユーザーに利益をもたらすことを目指す政策立案に建設的に取り組むことを約束します。
違法な取引所の活動や運営に

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL