【投資】ソロス氏がブラックロック批判、中国投資は「悲劇的な過ち」

最新ニュース
1: 稼げる名無しさん 2021/09/07(火) 13:25:27.00 ID:CAP_USER<.net →顧客資金のほか、米安全保障上もリスクとWSJに寄稿 →抑圧的、民主的という2つの統治システムの生死を分ける闘いと指摘 資産家ジョージ・ソロス氏は、ブラックロックが推し進める中国投資を批判した。顧客資金のほか、米国の安全保障上のリスクになるとの見方を示している。   ソロス氏は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)への寄稿で「中国に今、数十億ドル投じるのは悲劇的な過ちだ」と断じ、「ブラックロックの顧客が資金を失うだけでなく、さらに重要なこととして、米国を含む民主主義国家の安全保障上の利益にダメージを与える公算が大きい」と指摘した。 https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iPwyCxwA2oT4/v0/1200x-1.jpg ジョージ・ソロス氏   世界最大の資産運用会社であるブラックロックは8月、中国の個人投資家を対象に投資商品の提供を開始。6月には、同国で外資が完全子会社による投資信託ビジネスを始める初のケースとして当局の認可を得た。 □BlackRock Faces Key Test in $15 Trillion China Asset Market - Bloomberg(英文) https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-08-26/blackrock-faces-key-test-in-booming-15-trillion-china-market   慈善活動家でもあるソロス氏はここ数週間に、習近平共産党総書記(国家主席)率いる中国と経済的結び付きを強めることに警鐘を鳴らしている。先月のWSJへの寄稿では

リンク元

Copied title and URL