FTXが1回限りのNFT提出料金制を導入へ:背景には多数の魚の写真

仮想通貨
FTXがNFT提出を1回限りの料金性へ
FTX.USが、クロスチェーンNFTミンティングをサポートすることで、米国の顧客向けにNFTマーケットプレイスを9月7日(火曜日)に立ち上げた。
1) Due to the massive number of submissions, too many of which were just a picture of a fish, we are now charging a one-time $500 fee to submit NFTs.
Hopefully this will reduce spam.https://t.co/46FabjTVfy
— SBF (@SBF_FTX) September 6, 2021
NFTマーケットプレイスでは、米国の顧客がNFTを無料で送信できるが、無料のため、多くのユーザーが魚の写真を掲載することでプラットフォームにスパム行為を実施。そのため、FTXの創設者兼CEO (最高経営責任者)であるサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏はTwitterで、プラットフォームが1回限りの500ドル(約55,000円)の料金を請求することを発表し、次のようにツイートした。
提出物の数が非常に多く、その多くは魚の写真にすぎなかったため、NFTを提出するために1回限りの500ドルの料金を請求しています。うまくいけば、これはスパムを減らすでしょう。
 
米国で激化するNFTマーケットプレイス競争
NFT(Non-Fungible Tokens=非代替性トークン)の人気は、CryptoPunkやEther Rockなどの2017年の収集品のために数百万を超える初期のデジタル収集品のいくつかで、屋根にぶつかっている。
世界最大手のNFTマーケットプレイス年て人気急上昇している

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL