NFTを深く理解するために知っておくべき5つの技術レイヤーとは?

最新ニュース
今回は、Web3.0とDAOをテーマに事業を行うFracton Ventures株式会社の赤澤直樹 氏から寄稿いただいたコラムをご紹介します。
目次
NFTを支える技術レイヤー
NFTを支える5つのレイヤー
2-1. Layer1:ベースレイヤー
2-2. Layer2:L2(セカンドレイヤー)
2-3. Layer3:発行流通プロトコル
2-4. Layer4:金融化プロトコル
2-5. Layer5:アグリゲータープロトコル
まとめ
NFTを少し調べたことがある方であれば、「NFTはブロックチェーンを利用したトークンの一種」や「唯一性を持つトークン」というような説明を見たことがあるかもしれません。また、FLOWやPolygon、OpenSeaというワードもよく聞いたことがあるかもしれません。
では、それぞれがNFTを取り巻く地図の中でどのように位置付けられるでしょうか?プロトコルやサービスは互いに影響を与え合いながら発展しています。それぞれの関係性を理解することが、NFTをより深く理解するために必要なことでしょう。この記事では、NFTを支える技術レイヤーについて紹介します。
1. NFTを支える技術レイヤー
NFTはブロックチェーンを利用して発行されていることは多くの方が理解し始めているでしょう。しかしその土台となっているブロックチェーンや各種プロトコルは多様化しており、多くの選択肢が生まれています。当然多様化するに連れてブロックチェーン間やプロトコル間において競争が激化していきます。ユーザー視点から見ると、この状況はより良い体験をすることができるという意味でとても重要なことだと言えるでしょう。
このような背景から数多くあるプロトコルやサービスを整理して理解することが、NFTについて深く理解することに繋がります。特にNFTはブロックチェーン”技術”をベースにしてい

リンク元

Copied title and URL