女性に知ってほしい。厚生年金の平均「月約10万円」という事実

最新ニュース
国民年金より手厚いとされる「厚生年金」。「厚生年金」は、加入していた期間と現役時代の収入が受給額に反映されるので、実際年金をもらう時期になって「思っていたよりも少ない!老後どうしよう」というのは避けたいですね。特に女性は、ライフステージの変化によって独身時代は会社員だった女性も、産後はパートや、フリーランスを選ばれる方が男性より多いのではないでしょうか。総務省統計局の「労働力調査(基本集計)2020年(令和2年)平均結果の要約」によると、男性の正規の職員・従業員は2345万人に対し女性は1194万人、男性の非正規の職員・従業員は665万人に対し女性は1425万人。女性は非正規職員の方が多いのが現状です。雇用形態が変化しやすい女性にこそ、知っておいてほしいのが老後の厚生年金額。実は女性の厚生年金の平均月額は約10万円です。老後の主な収入源となる年金が10万未満というのは、非常に心もとないと感じる方は多いのではないでしょうか。そこで、本日は一児の母として証券会社20年勤務後、現在はFPの資格を持ちながらファイナンシャルアドバイスをしている私から、現代のシニア世代は、実際に厚生年金をいくら貰っているのかをお話をさせていただきます。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL