SECがCoinbase Lend問題で複数の市場関係者らから反発を招く

仮想通貨
SECがCoinbase Lend問題で市場関係者らから反発を招く
SECは、Coinbase製品の貸し出しをめぐって「法的措置」をちらつかせて脅かした後、多くの市場関係者らからの反発に直面している事が分かった。
仮想通貨取引所Coinbaseは、NEXTMONEYの特集記事「コインベースCEOが新サービスに対してSECが圧力を受けたと明かす」で報じたように、SEC(米国証券取引委員会)が仮想通貨利回りプログラム「Coinbase Lend」の発売を進める場合、訴えると揺さぶりをかけている。訴訟の脅威にさらされたCoinbase Lendは、USDコイン(USD Coin/USDC)を借り手に貸し出すことにより、適格な顧客に貯蓄の4%の利息を提供することを目的とした同取引所の販売予定商品である。
Coinbase CEOは「大ざっぱな行動」のSECを非難
9月8日(水曜日)付けのブログ「The SEC has told us it wants to sue us over Lend. We don’t know why(日本語訳:SECは、Lendをめぐって私たちを訴えたいと言っています。理由はわかりません)」で、Coinbaseのポール・グレワル(Paul Grewal)最高法務責任者は、SECが「Wells Notice(ウェルズ通知)」を発行したと発表した。
ブログの中で、グレワル氏は、Coinbaseが過去6カ月間、貸し出しプログラムに関してSECと話し合っていると述べたが、それでもSECは先週、製品が発売された場合、何の説明もなしに訴訟を行う可能性があることを取引所に通知。同社が受け取った唯一の説明は、プログラムが現在HoweyTestの下で評価されているということで、次のように批判した。
彼ら(SEC側)は、Howey andRevesと呼ばれる数十年前の最高

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL