【為替相場】ドル円は狭い範囲でのレンジ バイデン大統領の法人税増税案がどうなるかやインフレ率、景気回復鈍化注意 本日米消費者物価指数の発表も

最新ニュース
1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku2021年09月14日06時40分取得:やる夫今日のポイント:13日は目立った材料無し、ドル円は109円後半110円前半付近でのレンジ→バイデン大統領の法人税増税案がどうなるか、民主党提案の税率は大統領案を下回る→14日発表のインフレ率などにも注目→先週続落だったダウは反発も戻り幅は小さめタイフーンの影響により原油価格の続伸続く→アイダに続きニコラスも勢力強める10時30分 豪)4-6月期四半期住宅価格指数15時00分 英)8月失業保険申請件数21時30分 米)8月消費者物価指数1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku おはようございますお。 13日は米国法人税増税案などが出ていたけれど、市場全体に影響を与えるような目立った材料はなかったお。 民主党提案の増税案はバイデン大統領の増税案を下回る26.5%で、増税が政権に大きな影響を与えると考えられているようだお。 そのためドル円は狭い範囲でのレンジの動き。 わずかにドル売りな動きもあり1ドル110円台に乗せる場面も見られたお。 本日は米消費者物価指数の発表あり。 最近注目度が高いインフレ率がどのように変化しているか気になるお。 中国恒大集団の深圳にある主要オフィスには未払いとなっている資産運用商品(WMP)の返金を求める多くの人が詰めかけ抗議活動を行ったとのことだお。 今のところ同社は「破綻の噂は真実ではない」と発表しているけれど、今後どうなるかは不明だお。 欧州圏ではアルトマイヤー独経済相が以下のように発表。「第3四半期のGDP成長率は、第2四半期の前期比1.6%増から大幅回復を予想」「第4四半期にはGD

リンク元

Copied title and URL