関西スーパー争奪戦、オーケー社長が「H2O案は“絵に描いた餅”」と大反論 – Diamond Premium News

最新ニュース
関西スーパーマーケットに対してTOBを実施する方針を示している首都圏地盤のスーパー、オーケーの二宮涼太郎社長が、ダイヤモンド編集部のインタビューに応じた。関西スーパーが公表したエイチ・ツー・オーリテイリングと経営統合後の理論株価について、「実現に向けた具体的な説明がなく、『絵に描いた餅』と株主から危惧されるのではないか」と批判した。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Copied title and URL