英国・大英博物館が日本人浮世絵画家の葛飾北斎とNFTに挑戦

仮想通貨
人気浮世絵画家葛飾北斎の作品をデジタル化へ
英国・ロンドンにある大英博物館(British Museum)はLaCollectionと提携して、江戸時代の人気浮世絵画家である葛飾北斎(1760年10月31日~1849年5月10日)の絵画を、NFT市場で販売するデジタルポストカードにすることを目指し、非代替トークンの世界に参入した事が分かった。なお、葛飾北斎の作品は200NFTが販売されるとのこと。
大英博物館での北西展「TheGreatBig Picture Book Of Everything」の立ち上げに伴い、103店の未公開作品と、同博物館が所有するコレクションが公開されるという。NFTとして販売される有名な作品の中には、神奈川沖の風景画であり、“葛飾北斎”の代名詞となった作品でもある、躍動感あふれる「大波」などがあるという。
北斎NFTの販売方法
NFTは、「unique(ユニーク)」、「ultra rare(超レア)」、「limited(限定)」、「common(共通)」の4カテゴリーに分類さ、LaCollectionのCEOであるジョーンセバスチャン・ブーコンプス(Jean-Sébastien Beaucamps)CEO(最高経営責任者)によると、一般的なものとして分類されたものは500ドル(約55,000円)で販売され、すべてのNFTは、LaCollectionウェブサイトで販売され、一部は固定価格で、一部はオークション形式にて販売されるとのこと。
購入時の受け可能な支払い方法は、仮想通貨と法定通貨で、大英博物館側が売り上げの10%、LaCollectionが3%を取得し、OpenSeasなどの流通市場でNFTが再販される可能性もあるとみられている。
アートとテクノロジーの融合
LaCollectionCEOによると、同社はアートとテクノロジーという2つの

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL