仮想通貨(暗号資産)投資で気をつけるべき5つのポイント【ビットコインの投資詐欺に騙されない】

最新ニュース
9月1日に米証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨(暗号資産)を利用した投資詐欺に注意するよう、投資家に呼びかけました。投資家教育・擁護局(OIEA)と執行部のリテールストラテジータスクフォース(RSTF)は声明で、「一部の仮想通貨の価値が上昇していることから、大金持ちになるチャンスを逃すのではないかと『FOMO(取り残されることへの恐れ)』を抱く投資家もいるだろう」と指摘したのです。また仮想通貨への投資を検討しているのなら、その仕組みを理解し、リスクを評価するべきとしています。
日本国内でも2017年・18年の「仮想通貨バブル」の時期にICO(仮想通貨を使った資金調達)が活況となり、仮想通貨投資の詐欺が数多く検挙されました。「自分は大丈夫」と思っていても、利益を追い求めている内に詐欺の手口にはまってしまう恐れがあります。そこで、仮想通貨投資を検討している方に向けて、警戒するべき5つのポイントをご紹介します。
目次
仮想通貨(暗号資産)投資で警戒するべき5つのポイント
1-1. 仮想通貨(暗号資産)交換業者として登録されているか
1-2. 投資収益は「保証」できない
1-3. 「絶対儲かる」といった誘いに乗らない
1-4. 収益が急上昇するという宣伝文句
1-5. 借金をしてまで投資しない
初心者におすすめの仮想通貨取引所
2-1. 国内最多!17種類の仮想通貨を取り扱うコインチェック
2-2. 様々な取引方法でアルトコインに投資できるGMOコイン
2-3. Tポイントをビットコインに交換できるビットフライヤー
まとめ
①仮想通貨(暗号資産)投資で警戒するべき5つのポイント
1.仮想通貨(暗号資産)交換業者として登録されているか
日本の仮想通貨(暗号資産)取引所を利用する際は、金融庁で「暗号資産交換業者」として登録を済ませているか確認しましょう。日本では、暗号資産交換業者

リンク元

Copied title and URL