相続予定の親の不動産、家族信託を利用するメリット・デメリットは?

最新ニュース
不動産の相続は手続きに手間と費用がかかる、分割が難しいなどの理由から相続する方にとって負担となる、相続人の間でトラブルが起こる可能性があります。
親が生きている間に準備をしておきたい方、親が高齢で代わりに管理を行いたい方には「家族信託」という方法があります。
家族信託は家族内で財産管理を行う契約です。家族信託によって、親の意向を尊重しながら不動産を運用することが可能で、トラブルの起こりやすい兄弟間の「共有名義」を避ける事ができます。
本記事では家族信託とは、成年後見制度との違い、不動産を相続予定の方が家族信託を利用するメリット・デメリット、注意点を解説していきます。
すまいValueで大手6社に不動産査定を依頼する
目次
家族信託とは
1-1.成年後見制度との違い
不動産を相続予定の方が家族信託を利用するメリット
2-1.不動産の柔軟な活用が可能になる
2-2.共有名義を避ける事が出来る
2-3.承継者を複数先の世代まで決めておくことが可能
2-4.倒産隔離機能がある
2-5.遺言書としての機能があり、相続の負担が軽くなる事がある
不動産を相続予定の方が家族信託を利用するデメリット
3-1.介護サービスや入院の契約などができない
3-2.兄弟間でトラブルになる可能性がある
3-3.契約が負担になることもある
家族信託を行う際の注意点
まとめ
1.家族信託とは
家族信託(民事信託)とは、家族内で財産を運用・管理できる制度で、親の代わりに財産を管理・運用したい、親が認知症になったため代わりに財産管理を行うなどの事例で利用されています。
例えば、認知症になった夫が所有する不動産を子供が管理・運用し、妻が不動産から得られる収益を受け取る場合には、財産を子に信託する夫が「委託者」、信託され財産を運用・管理する子供は「受託者」、妻が「受益者」となります。委託者と受益者が同一人物のケ

リンク元

Copied title and URL