韓国政府、登録された42の仮想通貨取引所全てをレビューしたと発表

仮想通貨
韓国規制当局は42の仮想通貨取引所のレビューを終える
金融サービス委員会のコ・スンボム(Koh Seung-beom)委員長は、マネーロンダリング防止部門の下で韓国政府に登録した42の仮想通貨取引所すべてをレビューしたと発表した事が韓国版Coindeskで報じられた。
以前、NEXTMONEYの特集記事「韓国規制当局、仮想通貨取引所に9月24日までに登録するよう警告:未登録の場合は閉鎖される恐れ」でも報じたように、韓国の規制当局がすべての仮想通貨取引所に対し、9月24日(金曜日)までにマネーロンダリング防止部門に登録する必要があると発表していた。これに関連して、9月26日(日曜に)のFIU(Korea Financial Intelligence Unit=韓国金融情報分析院)は、42の仮想通貨取引所すべてが政府に報告を提出したことを明らかにした。
未登録仮想通貨取引所を厳しく取り締まりへ
42の仮想通貨取引所は韓国インターネット振興院からISMS(情報セキュリティ管理システム認証)を取得。さらに、42社のうち、Bithumb、Coinone、Upbit、Corbitは現在、完全に稼働している取引所となった。
9月21日の時点で、4社のシェア率は合計で最大99.9%になり、未登録の仮想通貨取引所の市場シェアはわずか0.1%にとどまっており、韓国政府は仮想資産ユーザーに損害を与える可能性は比較的低いと感じている。さらに現在、閉鎖されていない残りの仮想通貨取引所約25社は、韓国ウォン(KRW)の市場操作を終了した後、コイン市場でのみ操作しており、残りの企業がISMS証明書を取得できなかったか、申請しなかったことを明確に示している。
具体的には、報告プロセスが完了した直後の25日から、FSC(Financial Service Commission=韓国金融委員会) は報告され

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL