一戸建てを査定する手順や流れは?高く売るためのコツ・注意点も

最新ニュース
一戸建てを売却する際、不動産会社が価格査定をおこないます。しかし、一戸建ての価格査定はどのような流れで行われるのか、また、価格査定を売却活動に活かし、できる限り高く売るためにはどのようにすればよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、一戸建ての価格査定の種類と流れ、そして、高く売るコツについて解説していきます。戸建ての売却を検討している方はご参考ください。
すまいValueで大手6社に戸建て査定を依頼する
目次
一戸建て査定の種類と手順
1-1.簡易査定
1-2.訪問査定
一戸建ての売却で高く売るためのコツ・注意点
2-1.境界や道路の問題を解決しておく
2-2.建物の瑕疵(欠陥)はできる限り修繕しておく
2-3.相場価格を把握して売却戦略を練る
2-4.一戸建ての売却に強い不動産会社を選ぶ
2-5.水回り設備を修理・清掃する
2-6.買い手候補には迅速・丁寧に対応する
まとめ
1.一戸建て査定の種類と手順
一戸建ての査定方法は、土地部分については取引事例比較法を利用して査定し、建物部分を原価法によって査定するケースが大半となっています。
取引事例比較法は、査定する一戸建てと似た条件の過去の取引事例をピックアップして、それらと比較して違いを評点化して加減算していく方法です。
これに対して、原価法は、同様の建物を現時点で建てた場合の新築価格から、経過年数やリフォーム、維持管理の状況を考慮して、現在の価格を算出する方法です。
1-1.簡易査定
簡易査定は、現場を見ることなく、机上のデータのみで査定する方法です。一戸建て査定では、簡易査定と訪問査定の2種類がありますが、簡易査定では、取引事例比較法や原価法に基づいて査定する過程で、机上のデータで査定できる部分を反映して査定価格が算出されるといえるでしょう。
簡易査定では、インターネットの一括査定サイト

リンク元

Copied title and URL