経営者が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットは?注意点も

最新ニュース
日本国内の不動産市場では人口減少などによって今後市場の縮小が予測される一方、成長著しい国も多いことから、海外不動産投資に注目する方も少なくありません。
また、会社の経営者にとっては、個人の資産規模拡大に加えて経営する法人のポートフォリオを組む上でも資産運用は重要となってきます。その他、海外進出の足掛かりにできるなどの点でも海外不動産投資は有効です。
ただし、海外不動産投資を検討するのであれば、国内不動産と異なる様々なリスクにも注意が必要です。メリットだけでなくデメリットにも目を向け、自身の目的にあっているかどうか慎重に検討してみましょう。
本記事では、経営者の方が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットに加えて、要注意のリスクについても解説します。海外不動産投資を検討している方はご参考ください。
海外不動産に強い不動産投資会社一覧
目次
経営者が海外不動産投資を始めるメリット
1-1.物件選びや運用に関する経費を計上できる可能性がある
1-2.所得が多ければ資金調達が比較的容易
1-3.法人で所有した場合、減価償却費の損益通算ができる
経営者が海外不動産投資を始めるデメリット
2-1.物件選びに時間を割く必要がある
2-2.日本の不動産と比較して資金効率が悪くなるケースが多い
経営者が海外不動産投資を始める際に要注意のリスク
3-1.税制が変更される可能性もある
3-2.空室が長期化すると支出を伴う損失が拡大する
まとめ
1.経営者が海外不動産投資を始めるメリット
経営者が海外不動産投資を始めるメリットとしては、経営する法人で物件が購入できる点や、これまでの会計実績をもとにしたローンによる資金調達が容易な点などが挙げられます。
1-1.物件選びや運用に関する経費を計上できる可能性がある
海外不動産投資を進めるのであれば、物件選びのために海外渡航した時の費用や、物件購入

リンク元

Copied title and URL