不動産投資型クラウドファンディングの仕組みは?他の不動産投資との違いも

最新ニュース
不動産投資型クラウドファンディングは、少額資金で間接的に不動産へ投資ができる投資方法です。注目度が高まっている一方で、仕組みについてはよく分かっていないという方も少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、不動産投資型クラウドファンディングの仕組みについて紹介します。また、ソーシャルレンディングを始め、他の投資方法との違いも紹介するので、参考にしてください。
COZUCHIで少額不動産投資を始める
目次
不動産クラウドファンディングとは
不動産投資型クラウドファンディングの仕組み
2-1.不動産投資型クラウドファンディングの投資対象不動産
ソーシャルレンディングの仕組み
不動産投資型クラウドファンディングとソーシャルレンディングとの違い
4-1.リスクに対する対策の違い
4-2.運用方法・リターンの違い
4-3.関連する法律や規制の違い
4-4.投資先の匿名性の違い
4-5.収益予測の立てやすさの違い
不動産投資型クラウドファンディングと現物不動産投資との違い
5-1.最低投資金額の違い
5-2.レバレッジ効果の違い
5-3.不動産管理コストの違い
5-4.流動性の違い
5-5.所得の種類の違い
不動産投資型クラウドファンディングとJ-REITとの違い
6-1.最低投資金額の違い
6-2.リスク分散の違い
6-3.流動性・ボラティリティの違い
6-4.投資物件の選択の違い
6-5.所得の違い
まとめ
1.不動産クラウドファンディングとは
2017年の法改正により「インターネットを通じた不動産投資」ができるようになり、3つ目の不動産投資手法として不動産投資型クラウドファンディングが誕生しました。不動産投資型クラウドファンディングは、比較的新しい不動産投資手法といえます。
不動産クラウドファンディングとは、投資家から資金を集めて不動産を賃貸・取得して、賃貸料や不動産売買益を

リンク元

Copied title and URL