「三代住んでも"よそ者"扱い」山梨の田舎に移住して直面したしんどい人間関係 挨拶が返ってくるまで4年かかった

最新ニュース
「三代住んでも"よそ者"扱い」山梨の田舎に移住して直面したしんどい人間関係 挨拶が返ってくるまで4年かかった徹底して内外を区別する山梨 山梨ではよそ者のことを“きたりもん”という。 よそから来た人間という意味だが、いかにも排他的な言葉だし、どうしても好きになれない。私自身は、それを地元の人から面と向かっていわれたことがない。しかし私の周囲ではそういい放たれたという知人が何人かいる。 何しろ、“三代住んでも、...
Source: president.jp

リンク元

Copied title and URL