厚生年金の平均月額は約14万円。老後は働きながら年金を受給できる?

最新ニュース
「人生100年時代」といわれる現代では、老後も働き続けようと考える方も多いですよね。国民年金とは違い、加入月数や収入額に応じて受給額に差が出やすい「厚生年金」。今のシニア世代の厚生年金の平均月額は14万4268円ですが、受給額は1万円未満~30万円以上までさまざまです。定年後も働き続ける際に気になるのが、働きながら年金をもらえるか、ではないでしょうか。今回は今のシニア世代の「ひと月の厚生年金額」の分布図を確認しながら、働きながら年金をもらう際に知っておくべき「在職老齢年金」について見ていきます。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL