BIS国際決済銀行イノベーションハブがmCBDCプロトタイプを開発

仮想通貨
BISが複数の中央銀行と提携でmCBDC開発
BIS(Bank for International Settlements=国際決済銀行)は、複数の中央銀行と提携し、複数のmCBDC(BIS国際決済銀行主導のプロジェクトが発行するデジタル通貨)のプロトタイプを開発した事が分かった。
BISによると、BIS、香港、タイ、中国、アラブ首長国連邦の中央銀行とのコラボレーションにより、mBridgeプロジェクトを発足。同プロジェクト主導でmCBDCが開発された。また、同プロジェクト内で共通の相互運用可能なプラットフォーム上を構築し、各国のデジタル通貨を統合していくとのこと。プロトタイプにより、BISは国際転送と外国為替業務を数秒で完了することができ、商業銀行の既存のネットワークでの取引が完了するまでに数日かかることを考えると、このパフォーマンスは際立っており、これらの操作コストも最大で半分に削減できる。
プロトタイプはさらに、デジタル通貨とDLT(Distributed Ledger Techonology=分散型台帳技術)を使用する可能性を実証したとBISは述べている。
既存の支払いシステム
mCBDCの潜在的なメリットを強調するためにBISは、現在の国際決済と外国為替のシステムについて詳しく解説している。
これらの業務は通常、コルレス銀行(※1)として知られるシステムである管轄区域間の架け橋として機能する大規模なグローバル銀行のネットワーク内を世界中を移動します。
コルレス銀行(Correspondent Bank)とは…
海外送金を行う際に送金先銀行へと中継する銀行のことを指す。
これらのネットワークは複雑で、断片化されている可能性があり、現在のシステムでは、残念ながら運用上非効率性と言える。例えば…、世界各国で時差が発生しており、銀行はさまざまなタイムゾーンで営業している

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL