CFTCが先物商人として登録失敗でKrakenに対して125万ドルの罰金を科す

仮想通貨
Krakenが不法先物取引提供で罰金
CFTC (Commodity Futures Trading Commission =米国商品先物取引委員会)は、Kraken(クラーケン)が先物商人として登録できなかったと述べ、違法にサービスを提供していたとして罰金を科した事が分かった。
CFTCは9月28日(火曜日)によって発表された声明によると、クラーケンは、商品取引所法に違反したとされる民事上の経済的影響として、Payward Ventures Inc.(※Krakenの所有者)に対して起訴。当該金融商品の対象とならない米国の顧客にデジタル資産のマージンのある小売商品取引を違法に提供したとして2020年6月~2021年7月の間、投資家にマージンのある小売商品を違法に提供したと指摘した。
Krakenは先物取引業者およびサービスプロバイダーとして正当なコンプライアンス要件を提出しておらず、そのため、当該金融商品の対象とならない米国の顧客にデジタル資産のマージンのある小売商品取引を違法に提供。CFTCは、ユーザーが義務を返済するまで資産を引き出せないと指摘し、Krakenのサービスモデルの側面を批判した。さらに、ユーザーが契約を終了してから28日以内に返済を行わなかった場合、または担保の価値がしきい値を下回った場合、Krakenは一方的にポジションを清算することがで切る状態にあり、声明の中で次のように述べている。
このような取引は、指定された契約市場で行われる必要があり、Krakenはそれらを行わなかったため、違法です。
CFTCによる命令でKrakenは、125万ドル(約1億4,000万円)の罰金を支払い、関連規制に違反する活動を即停止する必要があるとのこと。今回の措置は、Krakenが主要仮想通貨取引所ではなく、先物取引機能を一時停止するだけでよいことを意味する。ただし、サ

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL