OpeanSea重大なセキュリティの脆弱性に直面:ユーザーの仮想通貨ウォレットが危険に晒される

仮想通貨
OpenSeaに重大なセキュリティの脆弱性発覚
イーサリアム(Ethereum)ベースのNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、重大なセキュリティの脆弱性に直面しており、ユーザーの仮想通貨ウォレットが危険に晒されていることが明らかになった。
インターネットセキュリティ製品製造を手掛ける企業Check Point Software(チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ)の研究者は、OpenSeaプラットフォームのセキュリティ上の欠陥を指摘。ハッカーがユーザーの仮想通貨ウォレットから通貨を盗み出せる可能性があると警告した。OpenSeaプラットフォーム内に、悪意のあるペイロード(※1)を使用し、NFTを作成する方法があるが、ハッカーがそれらを悪用することでユーザーの仮想通貨がハッキングされる可能性があるという。
(※1)ペイロード(payload)とは…
パケット通信のパケットに含まれるヘッダやトレーラなどの付加的情報を除いた、データ本体を言う。
エアドロップで悪意あるNFTがユーザーへ投下
被害者がハッカーから送信された悪意のあるNFTを受信し、被害者のページに仮想通貨ウォレットへのログインを要求するポップアップが表示されると、ポップアップのクリックすることで、ハッカーがウォレットへアクセスするできるという。
これら悪意のあるNFTはエアドロップによりユーザーに投下されており、エアドロップに対する適切な行動をとることが必要とされている。また、OpenSeaは、NFTやその他のデジタル収集品を購入、販売、取引するための最大の市場であり、いくつかのサードパーティの仮想通貨ウォレットをサポートしている。そのため、セキュリティが最大の問題の1つであるとされる仮想通貨プラットフォーム内で、多くのユーザーの仮想通貨ウォレットが危険に晒されていることになるとCheck

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL